団塊世代の脂肪燃焼苦楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS バーチャルの世界かリアルな現実か?

<<   作成日時 : 2006/03/17 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 1

  WBCの面白い展開と予想以外の結果、日本の野球もこのような形で世界の目に晒されると、“井の中の蛙”ではいられなくなります。メジャー・リーガー達がそれぞれの国に帰り、国を代表して真剣勝負を繰り広げれば面白いゲームが見えます。それぞれの国の代表の中心はメジャー・リーガー達です。国は別れても、シーズンが始まればまたアメリカに集結し技を見せてくれます。私はWBCの中で日本が勝てる状況は無いと予想していました。
 日本の野球は選手能力には高いものがあります。特にピッチャーの能力は驚くものがあります。170センチ60kgそこそこの選手が145km/hのスピードボールを投げたりします。アメリカのピッチャーをはじめ、諸外国のピッチャーでこれほど華奢な選手が140kmを超えるスピードボールを投げるのを見た事がありません。日本の高校野球界にはこのような選手が沢山います。この類い稀なる能力を持つ日本投手の投げるテクニックを教えるコーチングは間違っていないからです。しかし、このコーチングの優秀さがその後の体力勝負になった時(プロになり、試合数が増える)の基本的な考え方に大きな過ちを与えます。体ができていなくても速いボールが投げられるという誤った信念がその後の成長を邪魔します。
 バッターはもっと日本的です。(右バッターの場合)世界のバッテイング法が右手で叩いていく打法になっているのに、未だに左手主導の選手がほとんどです。松中選手のように社会人選手を経験し、キューバから技術を得た選手は既にこのキャッチャーサイドの手でボールを叩いていく打法です。松井秀喜選手のようにメジャーに行ってからこの利き手でボールを叩く打法を身につけている選手もいます。残念ながら日本のプロ野球界のバッテイングコーチに、これを教えられるコーチがいません。対して、オリンピック等でキューバと交流を持っていた社会人のチームの中にこれを教えているコーチがいる、というのも皮肉な現象です。能力的にも体力的にも優れている日本のプロ選手の数人がこれにチャレンジし始めたのはここ数年の事です。今年はWBC帰りがこの打法(トップハンドトルク打法といいます)に挑戦する選手達が増える事でしょう。これも世界との交流が無ければ、韓国との敗戦が無ければ、起きない日本人特有の性格です。
 もっと酷いのがボールです。日本のボールは飛びます。日本のボールは縫い目が低く、曲がりがアメリカのそれより曲がりません。飛ぶ事で、曲がらない事で、バッターの技術を遅らせています。ルール上は9インチ5オンスというサイズをクリアーしています。その点では公式な公認球ですが、日本人特有のそのルール内で、飛ぶとか曲がらないといった細工をしたボールが市場を占有するように仕組まれます。世界との試合を経験しない、日本人同士だけで試合をやっていればどちらも同じ条件なのでしょうがWBCのように諸外国と同じ条件という事になると、選手はメジャー仕様のボールに慣れるところから始めなければなりません。これでは勝てないでしょう。
 グラブという道具も同じです。日本人のグラブはアメリカ人の使うグラブよりも3倍も4倍もします。メジャー・リーガーの使うグラブよりも日本人の高校生が使うグラブの方が何倍もする価格なのです。それではアメリカで販売されているグラブを日本で低価格で販売しようとすると、指の刺繍はいけないとか、マークは一つでなければいけないとか、理由にもならない日本特別理由で海外商品が入らないようにブロックされています。アメリカの子供達が野球道具一式を揃えて野球を始めようとする価格と日本人のそれを比べれば、日本人の一式は2倍するでしょう。これで底辺を広げられると思います?
 日本の体操競技がオリンピックで使う道具と国内で占有する、ある一社の道具との違いの中で、世界戦になると違う反発の、違う色の、違う形状の道具で試合を強いられているのでした。これでは日本選手は勝てるはずがありません。体操界が長いこと低迷する原因の一つになっていました。これと同じようなことはスポーツばかりでなく政治の世界でも、外交の世界でも起きています。
  さあ、ここまで書くと日本という国はつくづく鎖国政策を引きたがる国民ではないでしょうか。拉致問題を始め外圧が無ければ何事も進まないのも一例です。それでも、現金なもので、そうと分かれば変わり身の早いのも日本国民の国民性のようです。きっと来年のWBCはもっと本格的に、本気のチーム編成が為される事でしょう。・・・明日の試合でメキシコが2点差をつければまだ決勝トーナメントに目があるって・・・・頑張れニッポン!!!バーチャルの世界ではこんなに熱くなれないよね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
No.277:茫然自失
 おはようございます。USENがライブドアと業務提携すると発表されました。 ? ...続きを見る
!? びっくり&はてな
2006/03/17 09:09
会社員&OL&主婦の皆さんへ!すごいの見つけた(>0<)〜♪
家計・生活を少しでも楽にしたいと思っているあなたへ!!絶対!お勧めですよ〜■値段だけ見ると高価ですが、コストパフォーマンスが非常に高い商品です「これ、やってみよう!」私はこちらを見て本気でそう思いました。見て頂けましたか?なんと!特にF... ...続きを見る
やりくり上手
2007/02/20 21:20
パソコンのスペック
セカンドライフの必要スペックWindowsグラフィックカード nVidia Geforce 2 / GeForce 4mx 以上または ATI Radeon 8500 / 9250 以上 コンピュータ CPU:Pentium III 800MHz / Athlon 以上メモリ: 256MB 以上 OS Windows XP (SP2)/2000 (SP4) インターネット接... ...続きを見る
セカンドライフ(secound life...
2007/04/28 22:59
オンラインゲームとの違い
セカンドライフとは、オンラインゲームのように見えますが、通常のオンラインゲームとは大きく違う点があります。オンラインゲームでは作り手はユーザーにルールを与え、ユーザーはルールの中で目的を目指します。セカンドライフでは、作り手が与えるのはユーザーの創造を支... ...続きを見る
セカンドライフ(secound life...
2007/04/29 09:10
通貨と換金
リンデンドルとは、セカンドライフの世界の「リンデンドル(L$)」という通貨が存在します。これで土地や服を買ったりすのには現実の世界と同じようにお金が必要なのです。リンデンドルの価値は、相場の変動は1ドル=270リンデンドル=120円「100リンデンドル... ...続きを見る
セカンドライフ(second life)
2007/05/06 22:13
セカンドライフ内で国会議員が演説【セカンドライフ仮想空間の人生ゲーム徹底攻略】
【セカンドライフ仮想空間の人生ゲーム徹底攻略】Second Life内で参議院議員が演説,鈴木寛参議院議員(民主党)は、Second Life内に開設した事務所で、6月2日に演説を行う。 ...続きを見る
セカンドライフ仮想空間の人生ゲーム徹底攻...
2007/06/01 15:53
中国と日本 日本人の国民性
 日本人の国民性について有名なのは、芳賀矢一『国民性十論』と長谷川如是閑の『日本的性格』および昭和の城戸幡太郎、中村元らの論説がある。 『国民性十論』では日本人の国民性について 1. 忠君愛国 2. 祖先を尊び家名を重んずる 3. 現世的・実際的... ...続きを見る
中国から見た中国と日本の違い
2007/11/08 20:59
SL?????????/????????????/?????????????????????????...
???SL???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????second life?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? ???????????????????... ...続きを見る
SL?????????
2009/03/11 16:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカがメキシコに敗れましたね。日本が準決勝進出です。良かったという反面、これでいいと思われたら、日本野球の発展は止まってしまうかもしれません。アメリカも本気のチーム構成ではありません、日本も、キューバと韓国が本気のチーム構成なので、この2チームの決勝戦になる可能性が高いと思うが・・・どうなるか分からないところが面白い現実の世界・・・かな
体調
2006/03/17 14:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
バーチャルの世界かリアルな現実か? 団塊世代の脂肪燃焼苦楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる