テーマ:やせる

ルイスとステファニア

 長らく休筆ご勘弁あれ・・・・・・・スペインのバルセロナから二人のインストラクターが来ていました。三週間の間にいろいろな事を教えてもらいました。インドアバイク「ペダリング」の指導に来日しました。  インドアバイクは動かない固定式バイクでグループエクササイズを行うものです。ペダリングの名称は私達がつけました。10…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

体脂肪が落ちる

 俺のブログにも「体脂肪が落ちる」という本のバナーが張り付いた。体脂肪を落とすというのは誰もが望んでいるだろうと思い込んでいる編集者が作った本だと思います。  編集者、又は出版社は売れる本を作りたいとお思うのでしょう。本質よりも客寄せのタイトルを考えます。「体脂肪を落とす」本質って何でしょう?痩せたいから?見た目をよく…
トラックバック:23
コメント:17

続きを読むread more

台湾娘達-別れ

最後まで送ってくれた娘ッコ達、今度会う時はもっと体が強く大きく逞しくなってる事でしょう。また会う日まで、オーアイニー!!!  出会いがあれば、別れがあります。最後の日の朝練が済み、ランチを食べて、娘ッコ達に別れを言いました。ナンダカンダと言いながら久しぶりの合宿を楽しんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾娘達-2

自信のないトントンはいつもはじっこから顔を出す。(右端) 中学生三人組は私の洗濯係、洗濯物を取りにきては遊んで帰る。  太めの娘がいれば、痩せ過ぎの娘ッコもいます。シンティン、チンティン、トンツィ、イーユイ、ロンシャン・・・・名前と顔が一致しませんが、顔は覚えています。  痩せていても筋肉が…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

台湾娘達-1

一時間走らされて、文句たらたらのネネ、でも、おおらか。  ジュニアのチームは中学二年生から高校三年生までと幅広く、近い将来の台湾ナショナルチームの予備軍です。彼女達が国旗を背負って世界の舞台で戦う事もそう遠くない事でしょう。  初日だけお互いよそよそしくしていましたが、トレーニングが始まると直ぐにジン・ラオスー(仁老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾排球協会主催講習会

全部漢字の看板を見るとここは台湾、中味と顔つきは日本と同じ、 技術は日本の数々のタイトルを獲った坂口先生、トレーニングの実技は自分の役割分担  7日、8日と台中でバレーボール指導者講習会がありました。元嘉悦大学の監督坂口憲政氏の講習会に私もトレーニングで参加させていただきました。  約50名の受講者の先…
トラックバック:13
コメント:4

続きを読むread more

100Kサロマ-8

大好物のカツ丼食べてる場合か?  ゴールに着くと2時前だった。続々ゴールする人が入ってくる。朝5時にスタートしたから9時間が経過、速い人は6時間半。驚きの数字だ。異星人、エイリアン、不確認物体、同じ人種とは思えない。  ゴールに着くと手際よく食券が渡された。何を食べてもいい食券。ウドン、焼きそば、焼き鳥、おでん、うな丼、…
トラックバック:49
コメント:4

続きを読むread more

岡部哲也-2

岡部を支えるネーヴェのスタッフ、手前はもちろん岡哲 岡部を支えたドクター栗山(左)私の知る日本一の膝直し医師、中央は我が子のように岡哲の成長を見守る苦楽部事務局長   私は実は岡部哲也が引退を決意した時からの彼の事を知っています。スターが引退するとポッカリと穴が空きます。雰囲気も、やる事も、また更に問…
トラックバック:147
コメント:3

続きを読むread more

乗馬

 2月末から韓国、台湾と仕事に行きました。韓国のスポーツショーで見た面白いマシンの話をしましょう。日本には乗馬というマシンが大流行です。おおもとはヨーロッパで昔から行われている馬に乗る事で健康づくりをしているところからヒントを得た健康づくりのマシンです。  確かに乗馬をする事でストレスを解消したり、骨盤を馬の動きに合わせて動かす事で腰…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

燃え尽き症候群

 マウイマラソンでゴールしたO夫妻も私も気持ちがハイで、何でも来い!という妙な自信が湧き上がりました。困難なものを克服しようと目標を立て、それをやり切った時、ハイな気持ちになるのは私たちだけでしょうか。42.195km、26.2マイルという距離を走った爽快感は多くの人をランニングに駆り立てる大きな原動力でしょう。私たちもこの爽快感を味…
トラックバック:76
コメント:15

続きを読むread more

馬鹿がまた

「食の勝ち負け」について 馬鹿がまたトラックバックに貼付けて来た。自動的に張り付くんだろうね。馬鹿が勝手に右手でやってろ!!!!片っ端から縛るの面倒だし、暇だよね。これ見て、アクセスする奴も暇こいてんだろうね。何時から日本人は軟弱になったんだろうね。俺は右翼でも左翼でもないけど、ましてや中道でもない。俺は俺、やりたかったら自分で勝手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の勝ち負け

★美味しいものは美味しい、食べたいものは食べたい、飲みたいものは飲みたい。   悪食5原則を昨年の3月まで無意識に続けたから私の体重は98kgになってしまったのです。栄養士が言うように1680カロリーの糖尿病改善食で生活すれば確かに体重は減ります。しかし、この粗食では食の欲求不満が吹き出します。制限されているものは我慢をしていても、制…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

どうして病みつきになるのでしょう?

★病みつきになる時は突然やってきます。    走る人はどうして病みつきになるのでしょうか?自分も、まさか、こんなに走るようになるとは思っても見ませんでした。病みつきといえば何も走ることだけではないようです。人それぞれ病みつきになることも、病みつきから突然、別のものに移るという癖も持ち合わせています。  この2月に88kgだったO…
トラックバック:150
コメント:7

続きを読むread more

フィットネスのビジネスって何ぞや?

★セントラルパークで・・・・・・・赤ちゃんとジョギングをしている人が沢山いました。  先日、地方都市のスポーツクラブに呼ばれて伺いました。呼ばれた理由は「今後うちのクラブはどうしましょう?」という相談事でした。20年も歴史を持ち、それなりに業績も安定していますが、今後のクラブ運営を模索しているうちに私の話を聞いてみたくなったようです…
トラックバック:19
コメント:3

続きを読むread more

歩き方

 「疲れないように走りたい」と書きました。それに対してひろさんから次のような質問がきました。 <ひろ>さんの質問 こないだ珍しく時間がまとまってとれたので、近くの公園まで歩いていき、一万歩以上歩きました。そうしたら、すねの筋肉じゃなくて、外側のくるぶしの上のあたりがすごくだるくなりました。こんなところがだるくなるなんて、初めての経験…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

疲れないように走りたい

 ボストンの鬼太鼓座に同行していた山田敬三氏の話は先に書きました。自分が走るプロの山田さんを思い出したのは、自分が走り始めた時に膝、足首の関節に大きな負担を感じたからです。平たくいえば走った後、膝や足首に痛みを感じる、3日休まないと元に戻らないという状況にあったので、これはどうしてだろうという疑問から、風の走りをしていた山田さんを思い出…
トラックバック:8
コメント:3

続きを読むread more

ドキリさんへ

ドキリさん、私は毎日遊んで、仕事しています。その方法しかやってきません。たまたまポトマック川だったり、セントラルパークだったりするのは旅先だからです。どこでもいいのです。山であろうが、川であろうが、街であろうが、交通の激しいとこはごめんですが。部長であろうが、隊長であろうが、親分であろうが、はじめは自分で実行隊長と書いたけど、今は実行体…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

告白<その7> 大汗大作戦

毎日走る。そう心に誓った。 走るといってもテレンコ走り、玄関を開けてゆっくり歩き始める。少しずつ少しずつ歩みを早め、徐々にテレンコ走りに移行する。「走るぞッ」という勢い込んだ感じではなく、テレンコ気分で始めるのが肝心だ。 むかし競技スポーツをやっていると、ついついなるべく速く走らなければ、という無意識の競争意識が甦ってしまう。そ…
トラックバック:2
コメント:24

続きを読むread more

告白<その1> 心当たりは必ずある!

思えば平成16年3月10日。上海から帰ってきて出た高熱に、家族も会社のスタッフも、「サーズ」だ、「鳥インフルエンザだ」と騒ぐばかりで、ちっとも心配してくれない。内心不安はつのって、友人の医者を頼りに病院へ転げ込んだ。 疲れも手伝っての扁桃腺炎による高熱で、とりあえず報道されるような「ときの人」にはならずに済んだが、 「扁桃腺はともか…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

脂肪燃焼苦楽部

読んで字のごとく、「しぼう」を「ねんしょう」して、苦しいことを楽しくする「くらぶ」です。 「国民病」と呼ばれている「生活習慣病」。ちょっと前までは、「成人病」と呼ばれていましたけれど、若年者の糖尿病だの狭心症だの高血圧だのが多くなり、原因は「年齢」ではなく、その「生活習慣」にあるということで、名前を変えて登場するようになりました。…
トラックバック:15
コメント:1

続きを読むread more