最近の流行-2

 流行の話ついでにブルブルの振動マシンの話しもしましょう。当社も3年前から販売しています。ワンコイン・ジムに使われるとは思いませんでした。当社のマシンは使われていません。(悔しいー)種を植える事だけをして、刈り取りは中国製の安物マシン。中国製でも安くてもいいマシンなら良いのですが、まず耐久性がありませんから安物と形容しました…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ととや (テスト)

この原稿は1年前に書いたモノで、トラックバックにしょーもないのが張り付きます。いくら引っ込めても張り付くので編集で隠しました。いくら削っても毎日毎日30も40も張り付きます。何が反応するのか????です。テスト原稿で再登場、同じモノなんので読まないで下さい。 魚屋   魚の話ですが、皆さんはアメリカ人の魚料理をど…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最近の流行―1

腰を揺らしただけで、痩せるとか、健康に良いとか、ダイエットに良いとか、ゴルフにも良いとか、何にでもキクのが好きな日本人。通販会社がインチキ商品でやるならいいけれど、上場企業が本気でやればウソでしょうと言いたくなる。  トレーニングの世界で30年間も飯を食べてくると、30年前には思いもつかなかった出来事が起きたり、経済の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100Kサロマ―2

ゴールデンゲートブリッジ公園にてイスラエルからの旅行者恋人達  無謀にもサロマの100Kmマラソンに応募してしまった。と言うより、勢いで承諾してしまったと言うのが正しい。燃焼苦楽部員のOさんが「行きません?」と誘ってきたのは4ヶ月も前でした。「50Kに出場するなら100Kでしょう」と無謀な提案をしてしまいました。Oさんご夫…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

燃焼苦楽部再開・・・・100kサロマ-1

アリゾナ州立大サンデビルにて  永い事文字を書きませんでした。テレテレ走っている間に世の中は誰もがメタボ、メタボと言うようになりました。ブルブル震えれば体脂肪が燃える。グリグリサーキットをすれば体脂肪が燃える。ゴニョゴニョ腰を動かせばダイエットにナルダト。大手の上場企業がこんな事やってていいのかね。相変わらずあれを食べて痩…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

3回目のホノルルマラソン

  3回目のホノルルマラソンは参加しませんでした。今日の朝早く現地では多くの人が走ったと思います。自分の生活習慣病のリハビリで始めたテレンコ走りですが、その改善は4~5ヶ月でクリアしてしまいました。そうなるとテレンコする目標の半分は達成してしまいました。人間というものはゴールが見えるとその勢いは急にブレーキがかか…
トラックバック:43
コメント:3

続きを読むread more

イジメ

モハメッド・アリ、この人も正論を貫き、マスコミ、政治に抹殺されそうになった。でも、多くの人は卑怯に立ち向かった事を知っているから、今、多くの人に尊敬されている。(http://www.allposters.co.jp/より写真掲載) [イジメで先生が懺悔、そして先生が自殺する国ってあるかね] [いじめた奴をいじめ返す奴も…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

北風と太陽

http://nagu99.blog51.fc2.com/blog-entry-26.htmlより    「踏み絵」で書いたら。久々にトラックバックのいいのが張り付きました。以下抜粋です。・・・・・・ あまりの事に、言葉がありません。 次の選挙が楽しみです。 おそらく信じた有権者達に判断を任せましょう。…
トラックバック:167
コメント:241

続きを読むread more

踏み絵

踏み絵  郵政民営化に反対して追い出された自民党議員達が復党に向けて踏み絵を踏まされる。「踏み絵」か。それは権力者が反対者に対して白組と黒組に振り分ける方法で、遠くは島原の乱を思い出します。隠れキリシタンをあぶり出す手段として使われた「踏み絵」の事は皆さんもご存知でしょう。  大学にバリケードを張って抵抗した40年前、私…
トラックバック:87
コメント:5

続きを読むread more

長らくお待たせ「ダとか」

こんな可愛い子供達に何を伝える?親の背中を見て育つか。 長らくお待たせ「ダとか」  受験の話を書いてから、世の中の出来事を考えていると、考えよりも出来事の方が次から次へと動き、それは、それは目まぐるしく動くという事が分かりました。いや、再確認しました。受験の話の結論を書こうと思っているうちに教育基本法の改正ダとか、果…
トラックバック:30
コメント:2

続きを読むread more

大好きな厄介な科目

暗記をすればいい優等生にはこんなことは考えられないと思う。 大好きな厄介な科目  受験をする人にとって主要3科目以外は厄介な科目でしょうね。英語、数学、国語、数学の代わりに日本史かな?今の受験がどうなっているか私には分からないが、大学側がこのような受験科目で人の品定めをする以上、予備校と化した受験校では早々と理工系と文科…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

団塊の世代の受験3

外には面白い事があるのよ。沢山沢山あるのよ。それを持ち帰って内側を変えていくのも面白いのよねー。 団塊の世代の受験3  そういえば、これの好奇心で私は社会的には損をしているのかもしれない。(自分は得をしていると思ってる)70年安保というのは面白かった。何といっても東大の現役学生が東大先輩達の作った学内構造、日…
トラックバック:114
コメント:14

続きを読むread more

団塊の世代の受験2

この写真はアメリカの友人から貰った写真です。根性出せよ少年たち!バカな教師の言いなりになるなよ。責任逃れの教育委員会の糞爺達の言いなりになるなよ。補習はボイコットだろう。ノコノコ受けに行くなよ。 団塊の世代の受験2   履修科目の付け替えで、全国の高校生、10万人が補習???たった10万人???受験校の高校生がそうされて…
トラックバック:25
コメント:3

続きを読むread more

団塊の世代の受験1

こんなビルは優等生には造れない。 団塊の世代の受験1    話題の履修もれ?こんなの40年前の自分の時代にもあったさ、中学校を卒業した団塊の世代が高校受験をした時からこんなことは知っていた。それが、ひと度試験に受かった瞬間から思い知らされた団塊の世代の一人が自分です。  田舎の受験校に受かった瞬間に、始業式が始ま…
トラックバック:156
コメント:0

続きを読むread more

岡部哲也-2

岡部を支えるネーヴェのスタッフ、手前はもちろん岡哲 岡部を支えたドクター栗山(左)私の知る日本一の膝直し医師、中央は我が子のように岡哲の成長を見守る苦楽部事務局長   私は実は岡部哲也が引退を決意した時からの彼の事を知っています。スターが引退するとポッカリと穴が空きます。雰囲気も、やる事も、また更に問…
トラックバック:147
コメント:3

続きを読むread more

岡部哲也-1

 岡部哲也は、1965年5月15日、北海道小樽市に生まれた。小学校3年生のときに本格的に競技スキーを始め、大小のスキー大会で活躍。小樽近郊では次第に名の知られるレーサーへと成長していった。北山中学3年生のとき、全国中学生スキー大会で2冠王(スラロームとジャイアント・スラローム)となり、同年3月には早くもワールドカップの代表選…
トラックバック:11
コメント:5

続きを読むread more

何だろう???

何だろう?この文章に対して海外から沢山の貼り付けジャンクメールが毎日毎日やって来ます。相手は機械でやっているのでしょうから、どこに貼り付けるキーワードがあるか、探してみようという気になりました。前回のものを下ろして、再度頭に登場させてみます。ジャンクメールはやって来るかな?なぜか楽しみです。 山賊社会   脂肪燃焼苦…
トラックバック:51
コメント:0

続きを読むread more

牛若丸宗一郎

同じトライアウトを受けた選手の写真を送ってくれました。左は元NFL、右はプロバスケット選手がアリーナフットボールにチャレンジ。この体格差!頑張れ牛若。 牛若丸宗一郎  「さむらい宗一郎」と紹介した佃 宗一郎君とメールをやり取りしています。 157cm 67kg の体躯でアメリカの象徴スポーツNFLにチャレン…
トラックバック:45
コメント:1

続きを読むread more

バカの大足、間抜けの小足、丁度いいのは俺の足.....と言いたいのですが、何とも幅広い足ですね。子供の時から下駄がマイシューズの生活ですから指はよく開きます。(足の指のVゾーンから遠くワイキキのビルを望む) 足  足はいろいろありますね。シューズ選びは難しいものです。個人個人の足の特徴がありますので、同じシュ…
トラックバック:25
コメント:1

続きを読むread more

シューズ選び

シューズ選び  No.1さんから新しい靴が合わないという情報を戴きました。いくら新しくても足に合わない靴を履いていると、足になんらかの悪い影響が出ます。それでも我慢して履いていると膝や腰といった関節障害を起こす事もあります。合わないと思ったら履かない事です。惜しいなら歩く時に履いて慣らすという手もあります。それでも、10Km以…
トラックバック:127
コメント:5

続きを読むread more