直撃台風

 25日から台湾に来ています。台北市でアジアジュニアの女子バレーボールの大会がありました。2年前から台湾チームのトレーニングを見ています。30年来の師匠坂口監督が依頼を受けて台湾ジュニアナショナルチームのヘッドコーチに就任以来、このチームを手伝う事になりました。  台湾チームはアジアで3位以上になった事はあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お山 編笠 赤い紐

 6日に山に登りました。八ヶ岳のひとつ編笠山は富士見高原のゴルフ練習場の横から登山道が始まっています。我が隠れ家「てれんこ荘」の横から登れます。  それではと初の八ヶ岳登山にチャレンジしました。朝の3時半に起きて見る夜空の星は降ってくるようです。シーンとしたお山の匂いと風の声が身も心も引…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラストゲーム

 昨日は青木プロのチャリティーゴルフのボランティアに行きました。日野皓正さんとの合同で2年に一度のチャリティーゴルフでした。日野さんの吹くペットを間近に聞きながら、青木さんのミラクルショットを間近に見ながら、加瀬プロの美しい奥さんの綾子さんと7番ショートホールでのお手伝いでした。  プロが138ヤードのショートホールを…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ブログ再開

http://www.news.janjan.jp/world/  北京オリンピックにいちいちコメントするより丸腰で見た方が面白いかなと思ってブログを書かないでいました。言いたい事が沢山あっても、言わずにいると時と共に薄れる記憶や印象があります。それはますます研ぎすまされて、自分の気持ちの中に次のオリンピックまで残るでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い魔王

 先週末にデストロイヤーに夕御飯を御馳走になりました。デストロイヤーの本名はディック・ベイヤー、シラキュース大学の名ライトガードでオールアメリカンに選ばれた名選手です。  「白い魔王」として力道山との死闘に日本中が釘漬けでした。中学生の頃ですから45年前の話です。4の字固め、フィギア・フォーは日…
トラックバック:15
コメント:3

続きを読むread more

サロマの高石ともや氏

 サロマ湖ウルトラマラソンといえば高石氏を思い出します。数年前に足の骨折でサロマを走れなく、応援に行ったと聞きました。  昨年は高石さんを見る事はありませんでした。今年はさよならパーティーでいつもの弾き語りと話を聞く事ができました。毎年、走られていたサロマを足の骨折で走らなくなり、数年ぶりにやって来て100kmを走った…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

夢○

今年も収容車に乗せられ、昨年同様にカツ丼弁当を美味しくいただきました。  先週の日曜日6月22日はサロマ湖100kmウルトラマラソン大会でした。昨年は60kmのバリアを越えられず、収容車に乗せられて回収されました。今年は10km増えて、70kmのバリアを越えられませんでした。○は原生花園のあるワッカの○です。今年も見る…
トラックバック:20
コメント:19

続きを読むread more

80歳雄一郎 再生

75歳でエベレストに登頂した三浦さん、80歳でもチャレンジすると宣言しました。そのインタビューで……… 「70歳を過ぎても90歳になっても、あきらめなければ、それなりの衰えがあってもいろんな可能性があると思った。次のチャレンジという目標を得たことで、人生の財産をもう1つもらった」…… うんちくのある言葉です。その三浦さん…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

MTB

 久々に防具を付けました。20年ぶりくらいです。アメリカンフットボールでなく、MTBです。マウウンテンバイクです。山の頂から転げ落ちます。雨だったので泥んこゲームでした。  お久のヘルメットもなかなかシャキットするものですね。ショルダーパット、脛当てて、肘当てまで付けて、まるでアメフットの防具のようです。少し薄手で、軽…
トラックバック:24
コメント:1

続きを読むread more

「羊薬草煮込み」と「原汁」

 台中の夜を何を食べようかと散歩しました。何とも奇妙な匂いが立ちこめている屋台兼食堂のところで同行の本田君とこれにしようと決めました。  この奇妙な匂いは台湾に行かれた方なら匂っているはずです。薬草です。仙草茶といわれている薬草茶です。この強烈な匂いは食べたり飲んだりするとそんなに気になりません。  味の悪い物、匂い…
トラックバック:49
コメント:3

続きを読むread more

<三浦雄一郎さん>頭が下がります。

凄いこの景色  (写真:foloramas) 想像を絶する環境なんでしょうね。このような厳しい環境にも適応できるようにする運動もフィットネスと言います。エアロビのおネーちゃん、オニーちゃんがニッコリポーズなんてェのをフィットネスとは思ってほしくねーな。でもよ、チャラチャラした世の中に適応してるというにはあの作り…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more

テレンコ食

まるで、現地の人ですね。どうも自分は南の国から日本にやってきたのではないだろうか?顔といい、鼻といい、足の長さといい、身体の丸さといい、南の国のオッサンだね。  忙しかったな。ご無沙汰でした。韓国、アメリカ、韓国、台湾と旅が続きました。今年のマシンショー、、、トレーニングマシンのショーを追いかけて動きました。マシンも進…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

モヒカン

 頭を刈った。ビルの床屋が出て行ってしまったので、スタッフのタカシ君にバリカンで刈ってもらった。横を5厘で、頭の真ん中を残し、セミモヒカンにした。中々いい!! 頭を刈ると気持ちがいい。子供の頃親父にバリカンで刈ってもらっていた。その頃は電気バリカンでなかったので手でギコギコ、時々、刃が噛むと、毛がはさまり飛び上がるほど…
トラックバック:20
コメント:3

続きを読むread more

101歳 ロンドン・マラソン男をトレーニングした男

ハーマンダー・シン氏 ……………………………………………………………………………… ロンドン・マラソンを走って年齢が不詳と言う事でギネスに載らなかったマーティン氏の追加記事です。 ……………………………………………………………………………… http://broadwaycaprice.blog119.fc2.com/b…
トラックバック:39
コメント:2

続きを読むread more

101歳ロンドンマラソン男のその後

「101歳」完走、ギネス登録ならず=出生日証明なく-ロンドン・マラソン 2008年4月15日(火)10:12 http://www.jiji.co.jp/  【ロンドン14日時事】13日当地で行われたロンドン・マラソンで、101歳の英国人男性バスター・マーティンさんが完走しながら、生年月日を証明できないため、ギネスブックに世…
トラックバック:22
コメント:1

続きを読むread more

テレンコ栄養

ラホーヤで見つけた特大ハンバーガーは美味しかった。至福の時でした。美味しいものは何時も食べてはいけません。時々食べるから至福の時になります。普段は粗食、時々豪華に、その落差がもっと美味しくなります。当然、その夜か翌朝にはテレンコすればまた美味しく食べられます。 直ぐに廣瀬さんが反応してくれました。……メタボについて…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

平成面白大混乱時代

熊も吠えてる今日この頃、 特定検診・特定保健指導が始まった。この前までは「パワーリハ」なるインチキ指導があったが、今度はお腹を凹ませだ。今度の方が真実に近いがマタゾロ運用はキナ臭い。どこが儲けるか見ていればその仕掛けをしたのは誰だ!また役人と政治家に行き着くだろうね。 うちの母親のところにも後期高齢者保険証が送ら…
トラックバック:52
コメント:2

続きを読むread more

真髄!!!!

[ 2008年03月06日 11時49分 ] 3月5日、101歳の英国人男性B・マーティンさん(写真)が、4月13日に行われるロンドン・マラソンへの出場を予定している。完走すれば世界最年長記録の更新となる。写真は2日、ロンドン東部のWoodford Greenで撮影。提供写真(2008年 ロイター/Mario Rebell…
トラックバック:29
コメント:6

続きを読むread more

大東京還暦マラソン-3

苦労してるんだね、ますます後退してきましたね。頑張って、「世のため人のため」に働いてね。 苦楽部員O夫妻が途中応援で温かいココアを用意してくれました。ありがたい差し入れでした。  二回という歴史の東京マラソンはこれから何年続くのでしょうか?毎年4月に行われるボストンマラソンは1897年が第一回です。 約11…
トラックバック:45
コメント:4

続きを読むread more

大東京還暦マラソン-2

Oさんが撮ってくれた大マラソン写メ、  だいたい、これくらい走ればいいかと思って、自分の体重と “感覚コンディション”の2つを目安に走っているのが、私の走りのプログラムです。0.1tあった体重を80kg目指して落とすことで、メタボを解消するのが目的でした。丸1年かかりで20kg落とし、4年経って81kgから85kgを行った…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more