団塊世代の脂肪燃焼苦楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ再開

<<   作成日時 : 2008/09/11 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


http://www.news.janjan.jp/world/

 北京オリンピックにいちいちコメントするより丸腰で見た方が面白いかなと思ってブログを書かないでいました。言いたい事が沢山あっても、言わずにいると時と共に薄れる記憶や印象があります。それはますます研ぎすまされて、自分の気持ちの中に次のオリンピックまで残るでしょう。ブログ再開です。

 北京オリンピックを堪能し、日本のスポーツを世界と比較し、面白いイベントとして見続けました。何と言っても上野投手が一番です。女性だから出来るのか、男はベースボールでだらしなかった。

 まず、豆がつぶれて、肉がちぎれて、肉が盛り上がらない指先であっても、あのボールを投げられるという精神性に驚きを禁じ得ない。凄い女性だ。ボールが指先に触れれば意思とは関係なしに神経に走った痛みが動きを変化させます。スピードを反射的に落とします。ましてや、コントロールで勝負するピッチャーですから、この怪我で投げ続けるのは不可能でしょう。それをやり遂げる上野さんとはどのような人なのでしょう。日本が誇る北京の女王ですね。
 対して男の野球はだらしないの一言、あれなら、社会人の野球でも同じ4位は獲れる!過去にアマチュアだけで4位という順番はなかった。プロの甘えが出た試合の数々でしたね。日本のプロ野球の甘え、甘さ、いい加減さがそのまま出てしまいました。個人の力の差ではありませんでした。チーム力の差ですね。何をか言わんや!!女王様の爪の垢でもいただきなさい。
 次の感動はフェンシングの太田選手、あの爽やかさと毒されていない感はいいですね。フェンシングの練習を今年の一月に韓国の体育大学で見学する事がありました。3回戦で当たった、太田選手のライバル、チェ選手もその中で練習していたのでしょうね。
 上野選手のソフトと太田選手のフェンシングは我が社の販売するビデオ編集システムでありゲーム分析ソフトのスポーツコードで対戦相手を分析していました。嬉しい限りです。今回のオリンピックは国立トレセンの分析班が当社のソフトを活用してくれました。(詳細はADSS日記で参照してください)準備と分析が勝利を勝ち得たと思っています。対する野球は旧泰然とした日本式から脱出をしていませんでした。競技スポーツの世界は諜報戦の世界でもあります。もちろん体力があってその上での諜報が勝敗を分けます。体力がなくて、諜報だけで勝とうとしている日本野球と体力を重視しながらバットを振りぬいてくる韓国、キューバの敵ではなかったですね。
 このままではWBCも同じ轍を踏むと私は予想しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ再開 団塊世代の脂肪燃焼苦楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる