団塊世代の脂肪燃焼苦楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS NYシティー・マラソン当日-1

<<   作成日時 : 2005/11/08 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


★これだけで見える範囲の一方向、全員で3万7千人が走ったそうです。       11月6日、マラソン当日は朝5時半に集合して、20分程歩いて私立図書館前まで行くところから始まります。その数は何人なのでしょうか、4万人かな?それを越すのかな?(後で調べましょう。調べたら3万7千人、例年なら3万5千人で、今年は3千人増、出場50カ国だそうです)

 NYマラソンは出たいのに出られない人が沢山居ることを知りました。各国の人数が割り当てられて、抽選と聞きました。家族で申し込んでも、誰に当たるか、それすら知らないそうで、「今年はこの子しか走れないの」とか「主人しか走れないの」「女房しか…」という声を歩きながら聞きました。家族が、恋人が同伴で歩きながらバスの乗り込む手前まで見送ります。「後でね、頑張って…」と声を残しながらランナーと別れます。残された人は後で、沿道から声援をします。その「後でね、頑張って…」なのでしょう。NYっ子の方が友達、家族と走れないのかもしれません。案外エントリーをしても走れないというところに応援する人の思いが出るのかもしれません。

 バスで1時間揺られて、スタッテン島の基地内の施設のスタート地点まで行きます。この時点でランナーはその日の天気を気にしています。数年前は雪だったとか、雨だったとか、気温は暑くなるか寒くなるか、各自がどちらも睨んで用意をします。朝食はベーゲルが配られ、ティーとコーヒーが飲み放題、ランナーの数に対してボランティアーが充実していて、途中で必要なパワーバーや即エネルギーとしてのドリンクが充分な数で配られます。今回は晴れ、気温18度(程度)風穏やか、肌寒いという中で2時間以上待機です。これで天気が悪かったら、待機は大変なことに成るでしょうね。お天気まかせの厳しいとこでもあり、楽しいとこでもあり、苦楽部員としては普段の心がけ通り慌てず騒がず、ゴミ袋を敷いて何もつけないベーゲルを3個食べてコーヒーを2杯飲み(やることないので、飲み過ぎ食べ過ぎ)腹を落ち着かせたら、次は大変トイレ、トイレ!!!、4万人が一斉にトイレです。簡易トイレの数も十分ですが、それ以上に並ぶ人数も半端ではありません。まず、小一時間は並ぶのを覚悟しなけれななりません。

 ゼッケンを見るとグリーン番号、ブルー番号、オレンジ番号に別れています。これが速い順のカテゴリーで、この色でスタート順が別れています。もちろんオレンジの中でも4時間半より速い、遅い、4時間45分、5時間、5時間15分といった具合に速い順、同じグループという順番で並んでスタートをします。その中に数人のペースメーカーがいます、ゼッケンで背中に5時間で走れます、5時間半です。という集団が数人でいます。この人に付いていけばその時間で走れる?という心配りです。???が、これが付いた目標タイムのペースメーカーも後半のゴール付近の順位はメチャクチャです。5時間と書いてあっても6時間以上かかる人も続出します。

 はるか1km以上も先で花火が鳴りスタートです。オレンジ軍団はどこがスタートか分からないままに足踏みを始め、テレンコテレンコ動き出します。周りの人が一斉に、今まで着ていた防寒の着衣を捨てます。ゴミ袋をかぶり走り出します。脱ぎ捨てられた洋服は回収されて、洗濯され、災害救助の際の支援物資に廻ります。その量たるや半端ではありません。寝袋を持ち込んで、それも置いていく人が沢山います。ひょっとしたら寝袋で一夜を明かした人も居るかもしれません。何はともあれ、快晴肌寒し、のスタートです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
『周りの人が一斉に、今まで着ていた防寒の着衣を捨てます』、じゃその服はどうなっちゃうの?と思ったとたんに『脱ぎ捨てられた洋服は回収されて、洗濯され、災害救助の際の支援物資に廻ります』と書いてあって、脱帽。ひとつの催しが、別のテリトリーとも融通無碍にリンクしあっている、って言うのは見習いたいものです。日本で古着の寄付をしようと思うと、そのめんどくさいこと。そこまでしなくちゃいけないんなら、直接ホームレスの人に渡す、と言ってバックパックに洗いざらしのTシャツを入れてうちのダンナは持っていっていました。
事務局長
2005/11/10 11:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
NYシティー・マラソン当日-1 団塊世代の脂肪燃焼苦楽部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる